--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/07/20//Fri.
東洋のマゾ
「わたし、Mなんだよねー」
「おれ、ドSだから」

なんて性癖を堂々と言える世の中になってしまった。
冷静に考えるとものすごい猥談なような気がするが、それは置いておこう。

僕は自分自身、SとかMとか感じたことはなかった。しいていうならばN。
マゾヒストでもサディストでもなく、ナチュラリストなのだ。

しかしそれは勝手な思い上がりにしかすぎなかった――

僕は先月の初頭から禁煙中である。今でこそ落ち着いてきたが、最初の一週間・二週間は幻覚を見てしまいそうになったり、無意識にタバコを求めて夜道を徘徊しそうになったりと、本当に大変だった。苦しかった。本当に苦しかった。言っておくが薬物は使用していない。

だが僕の心には、もうひとつの感情が生まれていた。





「ああ、苦しい(*´∇`*)」





なんか、気持ちよかったのだ。



ニコチンが切れて苦しんでいる自分に酔っていたのか、それとも頭がおかしくなっていたのかはわからない。確かに僕は苦しんでいて、部屋中をのた打ち回っていた。一日中タバコのことを考え、誘惑が目の前をちらちらと通り過ぎていた。苦しかった、本当に苦しかった。




でも、なんか気持ちよかったのだ。





話は変わるが、先日、親知らずを抜いた。インターネットで検索してみると、どうやら抜くと地獄の痛みを伴うらしい。僕は心底震え上がった。

しかし抜かなければ、それはそれでズキズキと痛む。言っておくがこの痛みは、ぜんぜん気持ちの良くないタイプの痛みだ。こんな痛みはもうごめんだ。

そして僕は、歯医者へ向かった。

久しぶりに来た歯科医院の印象は、子供の頃に感じたものとそれほど変わりなかった。響き渡る金属音、独特のにおい、院内に流れるリラクゼーションミュージック。そのすべてが混ざり合い、恐怖へと変わった。僕はここへ来たことを後悔していた。

そして手術が始まった。

歯医者「じゃあ抜きますよー」
ぼく 「あ、ハイ……」



(ゴリゴリっ ゴキっ)







「ああ、痛い(*´∇`*)」






なんか、気持ちよかったのだ。




麻酔は十分に効いていた。しかし鈍い痛みは若干感じた。それは一瞬の出来事であったが、ゴリゴリと、何か大切なものを抜き取られてしまったように思えた。考えてみれば、この親知らずは高校生の頃から生えていたものだ。付き合いが長いぶん、悲しみもひとしおだ。




でも、なんか気持ちよかったのだ。





そんな愉悦の感情を持った自分をどう表せばよいのだろうか。
僕は知っている。それこそがM、マゾヒストということなのだと――




そう、僕は東洋のマゾなのだ。






 



オリエンタル・マゾでも可。
スポンサーサイト
2007/05/26//Sat.
いぢわる外国人
日本人は腰が低いと思う。

例えば外国――特に英語圏――から日本に来られた方は、自国の言葉で堂々と話している(ような気がする)のに対して、日本人は、役に立つかもわからないポケット辞典を片手に、あらかじめ用意されていた定型文を一生懸命読んでいる(ような気がする)のだ。

これらは日本語と英語の普及度の違い、及び全くの偏見であるかもしれないが、上記のことを象徴する出来事に、私は出くわしたのだった。それも、もの凄いベタなシチュエーションで。

私が路上の喫煙所で一服している時だった。

先に一服していたのは、中年のサラリーマン。国籍はジャパン。わかりやすいように田中さん(仮)としておこう。営業の合間の一服であろうか、雨に濡れてすだれている薄毛が、言いようのない哀愁を漂わせていた。
そこへやってきた国籍不明のオールドガイ。初老と思われるが、無造作に伸びた金髪を後ろで束ねている様は、さながら、[欧米版・マイク真木]と言ったところだった。ということで彼をマイク(仮)としておく。

銀座の中心で迷子になったマイクは、私のような若造には目もくれず、田中さんに「すいません」と話をかけた。「オオ、オッケエ」と狼狽する田中さん。

(日本語で訊かれたんだから、日本語で返せばいいだろ、田中さん)

マイクは地図を片手に目的地を訪ねていた。田中さんはどうやらその場所がわかるらしく、ボディ・ランゲージを駆使しながら一生懸命伝えようとしていた。

「オオ、そこをライトに曲がって……」



(テレビでよく見る、慌てたオッサンと同じ行動だ――



もはや、日本語すらまともに喋れない田中さんは、こう続けた。



「そして、そこをストライクに進めばオッケイ」



×ストライク
◎ストレート



まあ、田中さんの熱意はマイクに伝わったようだった。大きく頷いて「センキュー!」と言った。そしてその後に、まさかの発言をした。



「いやあ、親切にどうもありがとうございます。助かりました」




とても流暢。



マイクはリーサルウエポンとして流暢な日本語を隠し持っていたのだ。それまであまり言葉を発しなかったのは、いったい何だったのだろう。彼は満面の笑みで、目的地へ向かった。

そしてマイクが去った後、その場に残ったのは、気まずそうにたたずむ田中さんの背中と、ちょっと意地悪なマイクが吸っていたタバコの吸殻だった。


 


2007/03/09//Fri.
鼻毛の話
社会生活を営む上でどうしても「言いづらいこと」というものはある。
例えば可愛いアノ娘の前歯に青ノリが付着していたとしよう。とても指摘しづらい。しかしそれ以上に指摘しづらいものがある。それが――鼻毛の脱線事故だ。

僕が二人の女性と話しこんでいた時の話。

その二人の女性は世間一般でいう「可愛らしい」「オシャレな」女の子で、僕はそんな友人たちと、和やかにお喋りをしていた。お互い大学三年生ということもあり、会話の内容は就活や将来のことなど、わりと真面目な話が多かった。各々、最近は就活に勤しんでいるので、互いの苦労話や情報交換で盛り上がっていたのだが、僕には一つ、気がかりなことがあった。


美香ちゃん(仮)の鼻毛が飛び出てたのだ。


美香ちゃんは、いうなればPINKYに出ていてもおかしくない、とても綺麗な女性だ。服装にも気を使っているらしく、アルバイト代はほとんどオシャレのために消えていっているという。性格もおしとやかで、彼女へ求愛する男性は少なくない。


しかし、鼻毛は飛び出ているのだ。


その飛び出した鼻毛は、体全体の割合からすると、わずかに0.01%程度であろう。だが、その存在感は凄まじく、僕の全神経を惹きつけるには十分であった。そのうち、見ている僕が恥ずかしくなってしまい、もう一人の女性である、千春ちゃん(仮)へ話を振った。しかし僕はすぐに、その行為を後悔した。そう、それは悲しみのデフレ・スパイラル。なぜなら――


千春ちゃん(仮)も鼻毛が飛び出ていたからだ。


彼女は将来、化粧品会社へ勤めたいという話をしていた。それもそのはず、千春ちゃんの美容に対する造詣は深く、友人たちにも一目置かれている存在である。男の僕から見ても、素晴らしい知識と技量を持っている。


しかし、鼻毛は飛び出ているのだ。


ばっちりと決まっているメイク。それでいて自然体に見えるのは、千春ちゃんだからこそ成せる業であろう。しかし、一本の毛が、全てを台無しにしているのだ。彼女にはぜひ原点に戻ってもらい、スキンケアの前に、鼻毛のケアをしてほしいものである。


二人の美女、いや、鼻毛に囲まれた僕は、ただただ狼狽していた。このようなことがあってよいのだろうか。いや、決してよいはずはない。麗らかな年頃の女性が、鼻毛など飛び出してはいけないのだ。どう考えても、お互いに気付いているはずであった。飛び出し方が尋常ではない。


お互い、「うわあ、この子、鼻毛がチラリしてるわ」なんて思っているのであろう。
自分もポロリしているのに。


そのうち僕は尿意に襲われ、お手洗いへと足を運んだ。せっせと用事を済ませ、手を洗う。そして目の前にある鏡に目をやった。しかし僕は、目の前に映る自分の顔を見て驚愕した。


僕の鼻毛もロケットダイブしていたのだ。


とても恥ずかしい気持ちになった。結局、全員飛び出していたのだ、鼻毛は。僕はあわてて引っこ抜き、そしてなぜか不思議な気持ちになった。



さっきの会話中、みんな鼻毛のことを考えていたのかなあ、と。



真面目な話の最中も、結局、鼻毛なのだ。
各々の進路よりも、相手の鼻毛が気になっているのだ。

僕が会社に落とされた話をした時、彼女たちは「残念だね」と慰めてくれた。
本当は、僕の鼻毛が「残念だね」だったのではないか。


鼻毛のせいで、僕は人間不信になった。


そう考えると、1.5センチの鼻毛は偉大である。





結論。





鼻毛、かっこ悪い。






 



途中から話が変わったけど、まあいいや。
2006/10/29//Sun.
ハッピーバースディ自分
ちょうど先週あたり、僕はめでたく21歳になった。しかし実際のところ、21歳の誕生日はとりわけ特徴のないものだったりする。ここ最近の僕の誕生日事情を振り返ってみる。

19歳のころは、「10代最後の誕生日だね~!」で大盛り上がり。
20歳のころは、「これで未成年卒業だね~!」で大盛り上がり。

しかし、21歳はどうであろうか。特筆すべき点はないし、なにより、「おれ、ハタチなんすよ」といえなくなるのが面倒だ。

さらに、である。

誕生日当日、僕がしていたことと言えば



パワプロで能力オールの選手を作っていた、



ということである。



チームメイトの矢部くんも

yabe.jpg

「びっくりでやんす!」


である。



まあ、そんなことはどうでもいいので本題に入ろう。


僕には年上の相方(仮に嫁子さんとする)がいるのだが、今日はそのお話。

________________

僕の誕生日が近くなってくると嫁子さんがしきりに聞いてきた。
「誕生日、なんか欲しいモノある?あたしサプライズとかして失敗するの嫌だから、欲しいモノ教えろ」
「ニンテンドーD……」
「ダメ」

というわけで財布を買ってもらうことになったのだが、この財布、ニンテンドーDSよりも値が張るものだった。しかも嫁子さん、最近は金欠だそうだ。

悩んだ嫁子さんが僕に相談してきた。



「お金貸して」




本末転倒――




結局僕は融資をしなかったのだが、お目当ての財布は手に入ったようだった。どこで工面したかを訊ねるのはさすがに野暮なものだと思ったので聞かなかったが、

「メイショウサムソン、負けちゃったね!」

と嬉しそうに言っていたのが気になるところだ。


その財布に加えて、気に入ったポストカードも見つけたというので、それも合わせてプレゼントしてくれた。

そのポストカードに書いてあった文字。


Hava a rocki'n birthday


どんな誕生日じゃっ。



その隅に一言添えられていた言葉。



061029_2040~01.jpg






「祝」の字、間違ってる――
(しかも年齢も一回間違えたっぽい)


本人曰く



「いやあ、いつものクセで」





もっとダメだ――




そんなこんなで、21歳になりました。
皆さん、これからもよろしくお願いします。


 


ちょっとコメント返せません、でも見てます。
ありがとうございまっす
2006/07/27//Thu.
黒き邂逅
他人の痛みを理解することほど難しいものはない。

例えば友人が風邪をひいたとしよう。高熱にうなされて、お手洗いに行くのも億劫そうだ。食べ物も喉を通さず、体温は40℃近くまで上がっている。その寝顔は安らかなものではなく、あくまでも苦しそうだ。僕はきっと友人を気の毒に思い、同情するだろう。

――だが、それだけだ。

結局のところ、当事者でない僕はその苦しさをちっともわからないのだ。


話は変わるが、人はよく自分に降りかかってきた出来事を大袈裟に伝えたがる。しかし自分にとっての大事件は、得てして他人にとってはどうでもよいことなのである。勝手に騒いで、勝手に落ち込む――所詮、人間はそんな生き物なのかもしれない。


くどい。
結論から言おう。






我が家にゴキブリが出た。






極寒の地で育った僕は、ゴキブリというものを見たことがなかった。もちろん、噂は重ね重ね聞かされていた。あいつらは悪魔だ、恐ろしい、一度出たら夜も眠れない……百害あって一利なし、といったところだ。

大学に入り本州へ上陸した僕。今までの二年間、特に悪いこともせずにおとなしく暮らしていた。夏になると友人達がしきりに言い出す「ヤバイ、ゴキブリがでた」という言葉も、どこか他人事のように聞いていた。

僕は言う。
「マジで? いやあ、俺だったらゴキブリ出たら引っ越すね」
その言葉は他人の痛みを理解しているものではなかった。
油断していたのだ。



正直に言おう。
僕は彼らを我が家で発見した時、あまりの驚きに足が竦んでしまった。額からは気持ちの悪い汗が滲んできて、目にはうっすらと涙が溜まっていた。

いや、嘘だ。
普通に泣いた。



僕は虫全般が苦手で、蛾が一匹部屋に入り込んだだけで涙目になってしまう男の子なのだ。それがどうだろう、見たことのないスピードで歩き回る彼を見て、平静を保つ事ができようか? 無理な注文だ。

僕は泣きながら友人に電話した。


「やべえ、ごきぶりでた」



友人は答えた。


「うへー、おっぱいがいっぱいだよおー」
(キャバクラからの実況中継)





自分にとっての大事件は、得てして他人にとってはどうでもよいことなのだ。



 

↑クリックでごきぶり退治
template by 白黒素材

//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
a>