--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/03/26//Mon.
男のビデオ
説明不足の言葉というものは、なぜか心に引っかかるものである。人は足りない物を自分なりに考え、妄想を膨らませることが出来る。そういう点を考慮すると、説明不足の看板は、時に絶大な広告効果を生む可能性がある。


「男のビデオ、高価買取中」


これは僕が就職活動中、とある駅付近で見かけた一言であった。果たして、これは何を意味するのであろうか。最も妥当なのは、「男のためのアダルトビデオ」といったところであろう。恐らく、これを見た人のほとんどが、そう考えるのではないか。

しかし、この言葉足らずの看板に、人を惹きつけて止まないパワーを感じるのは僕だけであろうか。


「男のビデオ、高価買取中」


確実に説明不足なのである。しかし気になる。そのままの言葉を受け止めると、「男たちがわんさかと出演しているビデオ」を「高価買取中」しているかもしれないのだ。いや、普通に考えるとそういうことになる。


僕の目の前に、ある光景が広がった――


筋骨隆々とした男子が浜辺を走り回っている。
画面に向かって水をかける彼を見ると、何だか一緒に水遊びをしているよう。
真夏の日差しを受けている彼は、照れくさそうに視線を送ってくる。
水浴びで濡れた髪の毛の先には、真珠のような水滴。
満面の笑みで飲むトロピカルジュースは、まるで初恋の味。

海辺で遊んだあとは、魅惑のシャワータイム。
顔に似合わない体つきが、見るものを釘付けにする。
でも、水を弾くその素肌は、まだまだ子供のようで。
大人の階段を上っていても、君はまだピーターパン。

夜の彼は、昼間とは別の顔を見せた。
眠たいのか、それとも酔っているのか。
艶やかなその瞳、視線が心をくすぐる。
シーツがはだけて、露呈された脚。
僕は目のやり場に困ってしまう。
困った僕を見て、少しはにかむ彼。

その笑顔は、天使のようで、堕天使のようで。

さっきまで見ていた彼はもういない。
そう、ひと夏の恋が、夜が、彼を大人に変えたから――



もしかしたら、こんなビデオがあるかもしれない。店内に入ってみれば、その答えは簡単に見つかる。そう、その一歩が道となり、答えを示すのだ。しかし、僕はそれを拒否した。


そう、人生とはミステリアスであるからこそ面白いのだから。


 


面接の前に見るもんじゃないしね。
スポンサーサイト
2006/08/11//Fri.
幻想的な世界
人はいつでも、非日常的な世界に憧れるものだ。

車や人ごみ、排気ガスに騒音。これが現在の日本のリアルであり、日常である。それが普通なものであるがゆえ、自分の心が荒んでいることさえ気付かなかったりする。

星野道夫という人がいる。

アラスカという大自然に魅入られ、その生涯をアラスカに捧げた人だ。

その彼がこの世を旅立ってから十年の月日が流れた。これを期に、彼が撮り続けた写真を集めた写真展が開かれることになった。僕はその写真展に足を運んだ@松屋銀座8F

そこに広がっていたのは、まさに非日常的な世界だった。

僕は写真についての知識を持っているわけではない。どのような技法を用いて撮られたかなど、知る由もない。ただ、幻想的な刹那を収めたその写真たちは、本当に素晴しいものだった。このような陳腐な言葉しか出てこないほど衝撃的なものばかりだった。荒んでいた心が洗われた気がした。

写真を無断転載することは恐らく違法にあたるので、差し控えておく。

写真展は今週いっぱい開かれているので、日常に疲れた方は足を運ぶとよいと思う。

ちなみに僕はTシャツに短パン、ビーチサンダルという格好で行ってしまったので、とても場違いな感じがしてしまった。


 


せめて長いズボンをはいて行けばよかった。

2006/06/28//Wed.
そうだ、博物館へ行こう
それは突然、嵐のように訪れた衝動だった。
化石が見てえ――

そんな感じで科学博物館へ行くことになった。
化石ほど浪漫あふれるものなどこの世にあるだろうか?(いや、あるはずがない!)

博物館といえば化石だけではない。
宇宙、科学、生命、人体、植物――
浪漫という浪漫がギッシリと詰まっている。
僕は興奮のあまり、常によだれが出そうになっていた。

特に一番のよだれポイントは、科学の技術をこの身で体験するブースだった。
そこはいうまでもなく、小さな子供用の施設だ。→ここ

僕は一心不乱に科学をもてあそんだ。
ええのんか、ええのんか――(ぐふふ)

後ろから子供の視線を感じる。
(おじちゃん、ぼくもやりたいよぅ)





やらせないよ。




僕はまるで、残酷な天使にでもなったようだった。
少年よ、この体験を乗り越えて神話になるのだ。


なにはともあれ、博物館はイイ。
宇宙ブースを見て御覧なさい。
全てがちっぽけに感じてしまうはずだ。

最近太り気味なことも、下痢気味なことも。
宇宙から見れば大した悩みではない気がした。



そんな、お後がよろしいただの日記でした。




 



「最近のパイパイのブログ、長すぎで読みづらい」
との指摘をごあんちょ君から受けたので、簡潔に。


2006/06/13//Tue.
そうだ、図書館に行こう
よく晴れた昼下がり。
僕は目覚めと同時に妙な違和感を覚えていた。
それは成人男性としては、ごく普通のことかもしれない。

しかし今日に限って、滅茶苦茶痛いのだ。
二つの大きな力がぶつかり合っているようだった。
言うなればこれは「かめはめ波」対「ギャリック砲」
さしずめ僕はサイヤ人の王子べジータ。
喰らえ、カカロット。
しかしこの場合、界王拳を併用した孫悟空に軍配が上がることになる。

まあ、要するに、僕の下半身はもっこりしていたのだ。

そんな息子の急成長ぶりには目を向けず、僕は布団を片付けた。
天気は良い。目覚めも悪くない。朝立ちも完璧だ。
これほど気分の良い日はそうそうあるものではない。

昨晩読んでいた少女マンガ、「恋愛カタログ」の続きを読もうと思ったが、朝から心がピンク色になってしまうことだけは御免被りたい。
僕は恋カタをそっと本棚にしまった。種ちゃん、申し訳ない。

さて、今日の授業は休講だ。
夕方のバイトまでは時間がある。
ナニをして遊ぼうか。うふふ。

そこで僕はあることに気付いた。
図書館で借りたビデオと書籍を延滞しているではないか。
なんてこったい、バカバカ自分。

しかし幸いなことに、今日は時間がある。
そうだ、返すついでに何か新しいものを借りよう。

僕は借りたままだった「星の王子さま」のビデオと、数冊の書籍を乱雑に鞄へ詰めこんで自分の部屋をあとにした。

まずは延滞していた書籍とビデオを返さなければ。
図書館へ到着するなり僕は、書籍の返却カウンターへ足を運んだ。

そこでは少しお歳を召していらっしゃる老婆が応対してくれた。
彼女は僕が延滞していたのにも関わらず、何も言わずににっこりと微笑んでくれた。その笑顔は聖母マリアを思わせる。

そして僕は確信した。
彼女は多分、僕に惚れている。


その気持ちはありがたい。
しかし交際を受け入れることは出来ない。せめて茶飲み友達程度だ。
僕は目配せをして彼女に別れを告げた。
運命は残酷だ。同じ時代に生きたかったよマリア。

書籍の返却はバッチリだ。次はビデオを返却しよう。
僕は隣の返却口に座っている女性にビデオのケースを渡した。
彼女はそのケースの中身を確認する。
そして何故か僕の顔も確認している。

おそらく、「星の王子さま」を借りるような人間に見えないのであろう。
人を見た目で判断している典型だ。憤りを感じる。
いいじゃねえか、この顔でメルヘンでも。


でもいいの。
あたし、ヘコたれへんっ。


2~3回僕の顔とビデオを見比べた後、彼女は怪訝そうな顔で呟いた。


「あのう……」
「なんでしょうか」

僕は明らかに不満げな声を出していた。
彼女は怯むことなく続けた。

「これ……」

そういって彼女は、ビデオの中身を僕に差し出した。
なんだよ、どうしたんだよ……

……はうっ!

僕はそのビデオのラベルを見て、後ろに仰け反ってしまいそうになった。



「たわわな欲望 蒼井そら」



僕は火を噴きそうな顔を隠して、一言「すいません」といってその場を後にした。


部屋へ戻ると、AVに埋もれて隠れている「星の王子さま」があった。

「本当に大切なものは、目に見えないんだよ?」

それからしばらく、この言葉が僕の脳内でリフレインしていた。
星の王子さまのビデオは、未だに僕の部屋で延滞中である。


 




template by 白黒素材

//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
a>