--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/06/30//Fri.
W杯とHサイト
いうまでもなく世間はW杯で盛り上がっている。日本は残念な結果に終わったが、この話は日本戦が始まる前の出来事である。

僕はいつものようにブックマークからお気に入りの(エロ)サイトへ行っていた。これはもう日課のようなもので、いうなれば、「食事」や「排泄」と同類項なのである。まあ、排泄であることに変わりはないのだが。

優雅に「ダマシ」のサイトをすり抜ける僕は、その華麗さゆえに「北海道が生んだエロ豹」と呼ばれていることはあまりにも有名な話だ。エロ豹は荒野を駆け巡る。そう、エロサイトという名の荒れ果てた大地を――

その荒野で、僕は、いやエロ豹は、不思議な文字を見つけた。如何せん数日前のことなのでうろ覚えなのだが、たしかこんな感じだった。



「W杯フェア!日本勝利で、大放出」



サッカー日本代表がもたらす経済効果は計り知れないが、まさかこのような分野にまで影響を与えているとは知らなかった。ジーコ万歳。

普段の僕は、さほどサッカーに興味はない。日韓共催W杯にいたっては、一試合も見ないという暴挙にも出たほどだ。


しかし、今回は違った。


僕は全ての日本戦に予定を合わせて、当日は一人で家に引きこもっていた。友人達は誰かの家に集まり、皆で観戦している。だが僕と彼らはモチベーションのベクトルが若干ずれているので、そこに居合わせることは出来なかった。



勝ちたいんや――



ひとり手に汗握る僕の口からは、自然と力のこもった言葉が洩れていた。頑張れ日本、頑張れNIPPON、大放出カモン!!





__________________________________________________





試合結果にあれこれいうつもりはない。サッカー知識に乏しい僕が提言するのはお門違いであり、なにより、炎天下の中で戦ってきた彼らを責めることなんて出来るはずがない。何より、動機は不純ではあったものの、サッカー観戦の楽しさもわかった。


しかしやはり気になるのは大放出だ。
日本が順調に勝ち進んでいれば、僕も今頃大放出していたのだろうか――


だがそんなことはもうどうでもいいような気がしてきた。エキサイチングでクレイジーな夏は、もうそこまでやってきている。キャミソールで学内をうろつく女性を見ることで、鬱憤でも晴らそうか。




 

↑押し潰すと押しあがる仕組み
スポンサーサイト
template by 白黒素材

//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
a>