--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/11/05//Sun.
○○の秋
夏の暑さもどこへやら、季節はすっかり秋である。いや、もうむしろ冬なのであろうか。とりあえず夜風の冷たさが哀愁を漂わせている今日この頃、皆様はどのようにお過ごしだろうか。

秋といえば、○○の秋、という言葉が使われる。食欲の秋、読書の秋、運動の秋、などなど。要するに、何をするにしても秋という季節は最適なんだよ、ということである。僕も秋という季節は好きなため(自分の誕生日もあるし)、そらへんに異存はない。

だがしかし、だ。

実際には、一般的にいわれているよりも数多くの「○○の秋」が存在するのではないか――? 本当は闇に埋もれている言葉があるのではないのか――? 


そこで僕は、少しだけ秋について少し考えてみることにした。
よろしければ、皆様にも一緒に考えてもらいたい。







性欲の秋(Autumn of sexual desire)







この性欲については、僕たち人間という生き物は年中夢求で営業中なので、一概にそうとは言い切れないのだが、厚生省の統計上、興味深い結果が出ている。


(中略)月別にみると、出生月による差はほとんどないものの、7~9月に高く3月が低い傾向がみられた。こちらが元サイト

子供が産まれるは受精から十月十日(とつきとおか)と言われている。およそ十ヶ月、母の胎内で成長するのだ。

ようするに夏時期に出生率が高いということは、だ。
逆算してみるとどうなるのか、ということはだ。






仕込みは秋(making of child is autumn)





ということになる。



学校や職場で言いふらしてください。





「馬鹿」って言われるから。









 




スポンサーサイト
template by 白黒素材

//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
a>