--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/12/17//Sun.
言葉の不思議
世の中には数多くの単語が存在している。その数は僕のようなハナ垂れ小僧には知る由もないほど莫大なものだ。

この「言葉」たちは、それぞれ思うことあって命名されたのであろうが、今現在、普通に使われている言葉は大抵、大昔に定められたものである。僕たちはそれを当たり前のように受け入れ、また、何の疑問も持たずに使うのである。

たとえば、「愛」という言葉がある。

この「愛」、とても素晴しい言葉だと僕は思う。何より響きが良い。「あい」である。聞いているだけで体の芯が溶けてしまいそうな、何とも面映い響きがそこにはある。いつの時代、どこの誰が作った言葉かは知らないが、僕たちは「愛」という言葉を定めた人に感謝すべきである。

皆にも少し考えて欲しい。
もし「あい」という言葉が「まい」だったらどうであろう。

ここで誤解して欲しくないのは、「まい」という言葉も素晴しいものだと僕は思っている。女の子の名前としての「まい」は可愛らしく、「舞い」という字を当てても風情があってなかなかよろしい。

だが、僕は重ねて言うが、「あい」は「まい」じゃなくてよかったと思う。

例えば僕が結婚を考えている彼女とデートをしたとする――
洒落たイタリアンレストランだ。店内からはライトアップされた街並みと海が一望できる。テーブルマナーのテの字も心得ていない僕は、馴れない手つきで料理を口にする。普段のデートといえば牛丼屋なのに、突然このような店に連れ出した僕に対し、彼女は戸惑いを隠せない表情をしている。

そう、僕は今日プロポーズをするのだ。

食事を終えたところで、ワインに口をつける彼女。僕はそれどころではない。なにせ、一世一代の大仕事が控えているのだ。緊張を吹き飛ばすようにワイングラスを一気に空にする僕。そんな僕の様子を見て、さすがに彼女も感づいてくる。もしかして、もしかするの――

僕は意を決した。

「なあ、花子(仮名)」
「なあに、キムラさん」
「あの、その……」
「……」


「まいしてる。結婚してくれ」


これだとなんだか、しまりがないような気がするのは僕だけであろうか。僕には相手方の女性がワインを鼻から噴き出すところまで想像できた。もちろん、結婚の話は破談だ。

とても長い前フリになってしまったが、言葉というのはちょっと変えるだけで、やけに奇妙なものになってしまうのだ。

それはもちろん、僕らには「愛」という既存概念があるからそうであって、最初から「あい」が「まい」であったら、それほど違和感はないのかもしれない。それでも僕は、もうひとつ考えてみたのである。

「番長」という言葉がある。

僕が番長と聞いて思い出すのは「球界の番長」こと清原和博である。

ご存知、彼は日本プロ野球界で番長と呼ばれている人だ。生き様、存在感、威圧感、どれをとっても「番長」と呼ばれるにふさわしい人間だ。

だが「ばんちょう」という言葉を少しだけ変えてみるとどうだろう。








「球界のパンチョ」








威厳とか、いろいろなくなった。








濁点が半濁点になって、寸詰まりになるだけでこれだけ違うのだ。というようにくだらない事を考えていたわけだが、なんだかとても自分が馬鹿なように思えてきた。夜中の3時である。さっさと寝ろという話だ。

ここで人は僕のことを「ばか野郎」と罵るはずなのだが、これも濁点を半濁点にして寸詰まりにしてみよう。





「ぱかやろ」





これだったら、なんだか自分がお茶目な人間に思えるのだった。





 



結局何が言いたかったのかというと、特に言いたいことなどはないのだ。
スポンサーサイト
template by 白黒素材

//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
a>