--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/07/20//Fri.
東洋のマゾ
「わたし、Mなんだよねー」
「おれ、ドSだから」

なんて性癖を堂々と言える世の中になってしまった。
冷静に考えるとものすごい猥談なような気がするが、それは置いておこう。

僕は自分自身、SとかMとか感じたことはなかった。しいていうならばN。
マゾヒストでもサディストでもなく、ナチュラリストなのだ。

しかしそれは勝手な思い上がりにしかすぎなかった――

僕は先月の初頭から禁煙中である。今でこそ落ち着いてきたが、最初の一週間・二週間は幻覚を見てしまいそうになったり、無意識にタバコを求めて夜道を徘徊しそうになったりと、本当に大変だった。苦しかった。本当に苦しかった。言っておくが薬物は使用していない。

だが僕の心には、もうひとつの感情が生まれていた。





「ああ、苦しい(*´∇`*)」





なんか、気持ちよかったのだ。



ニコチンが切れて苦しんでいる自分に酔っていたのか、それとも頭がおかしくなっていたのかはわからない。確かに僕は苦しんでいて、部屋中をのた打ち回っていた。一日中タバコのことを考え、誘惑が目の前をちらちらと通り過ぎていた。苦しかった、本当に苦しかった。




でも、なんか気持ちよかったのだ。





話は変わるが、先日、親知らずを抜いた。インターネットで検索してみると、どうやら抜くと地獄の痛みを伴うらしい。僕は心底震え上がった。

しかし抜かなければ、それはそれでズキズキと痛む。言っておくがこの痛みは、ぜんぜん気持ちの良くないタイプの痛みだ。こんな痛みはもうごめんだ。

そして僕は、歯医者へ向かった。

久しぶりに来た歯科医院の印象は、子供の頃に感じたものとそれほど変わりなかった。響き渡る金属音、独特のにおい、院内に流れるリラクゼーションミュージック。そのすべてが混ざり合い、恐怖へと変わった。僕はここへ来たことを後悔していた。

そして手術が始まった。

歯医者「じゃあ抜きますよー」
ぼく 「あ、ハイ……」



(ゴリゴリっ ゴキっ)







「ああ、痛い(*´∇`*)」






なんか、気持ちよかったのだ。




麻酔は十分に効いていた。しかし鈍い痛みは若干感じた。それは一瞬の出来事であったが、ゴリゴリと、何か大切なものを抜き取られてしまったように思えた。考えてみれば、この親知らずは高校生の頃から生えていたものだ。付き合いが長いぶん、悲しみもひとしおだ。




でも、なんか気持ちよかったのだ。





そんな愉悦の感情を持った自分をどう表せばよいのだろうか。
僕は知っている。それこそがM、マゾヒストということなのだと――




そう、僕は東洋のマゾなのだ。






 



オリエンタル・マゾでも可。
スポンサーサイト
template by 白黒素材

//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
a>