--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/16//Tue.
ぴちぴちについての考察
「ぴちぴち」という副詞がある。
大辞泉によると、以下の意味を表すそうだ。

1 魚などが、勢いよくはねるさま。また、いかにも生きのよいさま。
 「とりたての―(と)した魚」

2 若々しく元気いっぱいなさま。躍動感があふれているさま。
 「―(と)した娘」

ここで紹介せずとも、誰しもが使用する表現であり、かつ、状態を端的に表している言葉である。「ぴちぴち」という言葉からは躍動感が溢れ出ていて、イメージとしてはプラスの印象を受ける。

しかし、この言葉が成り立つ過程を考えるてみると、おかしな気持ちになってしまう。


ぴちぴち


響きがなんだか間抜けなのである。


誰が最初に言ったかは知らないが、魚が勢いよくはねたところで「ぴちぴち」と音が聞こえるわけはないし、若々しく元気な女性を見たところで、「ああ、あの娘はぴちぴちしてるねえ」なんて言葉は絶対に思いつくはずがない。そもそも「ぴちぴち」って何だ。

かの有名な、ぴち山ぴち三郎氏は
「おぬし、ぴちぴちじゃけえのう」
と言い残し腹上死したとされるが、
それについて詳しいことは明らかになっていない。

何はともあれ、先入観なしで「ぴちぴち」という言葉を作った人間は偉大である。おそらく、魚に対して使われたのが最初なのだろうが、それを「若々しく元気いっぱいなさま」に応用した人はさらに偉大である。



ぴちぴちとした、若い娘



この表現は何ともなまめかしく、そして限りなく卑猥だ。

何をもって「ぴちぴち」という言葉を当てたのだろうか。しかも、
 若々しく元気いっぱいなさま。躍動感があふれているさま。
というわりには、女性に限定されて使用される点もなんだかえろい。

この点を踏まえると、どこかのえろ代官様が言葉を当てたというのは想像に難くない。そうなると、今度はどのような状況下でぴちぴちが正式に制定されたかが問題となってくる。





第一回 ぴちぴち懇話会



「皆の者、忙しいなか集まっていただき、まことに感謝するぞよ」

「おいおい、一体なんだってえんだい長老さんよう」

「まあまあ落ち着きなされ。突然じゃが、おぬしらにききたいことがある」

「ききたいこと? おう、なんでもきいてくれ!」

「……ぴちぴちときいて何を思い出す?」

「そりゃあ……」

あたりがガヤガヤし始める。ひとりの男が大声で答えた。

「ぴちぴちといったら、魚に決まってんだろうよ!」

「ほう、わしもそう思っていた時代があった」

「思っていた? なんで過去形なんでい!」

罵声にも似た怒号が飛び交うなか、長老は頬を赤らめて、恥ずかしそうに答えた。

「……わ、若いおなごがよう、ぴ、ぴちぴちしとるんじゃ」

群衆は静まり返り、そして疑問の顔が並んだ。

「長老さんよう、一体なに言い始めるんでい!」

「そうだそうだ! 歳をくいすぎて、とうとう気がふれちまったかい!」

場は一気に野次でいっぱいになり、ある者は罵り、あるいは非難の声を上げ、長老の言葉に耳を傾けようとさえしなかった。いよいよ収集がつかない事態になってきたと思われたその瞬間、ひとりの男の声が高らかに響いた。

「ちょっとまてい!」

ざわざわと空気が揺れる。男は続けた。

「実はおれもよう、15になる自分の娘を見て『ぴちぴちじゃあ……』と思ったことがあるんだ」

静けさは続いていた。皆一様にお互いの顔を見比べる。そして続く声。

「おれもだ!」

「ああ、わしも昔から思うとった。誰にも言えなかったがのう。ふぉふぉふぉ」

長老の言葉にひとり、ふたりと納得する者が出てきた。

そして始まる、ぴちぴちコール。

「ぴーちぴちッ! ぴーちぴちッ! おいらのあの娘はぴーちぴちッ!」

もはや、ぴちぴちを否定する者はいなかった。






よくわからないけど、多分こんな感じだったんだと思う。





   ∩ _ _   ≡=-
   ミ(゚∀゚ ) ≡=-ぴーちぴちッ! ぴーちぴちッ!
    ミ⊃ ⊃    ≡=-
     (⌒ __)っ   ≡=-
     し'´≡=-

  -=≡    _ _ ∩
 -=≡   ( ゚∀゚)彡  ぴーちぴちッ! ぴーちぴちッ!
-=≡   ⊂  ⊂彡
 -=≡   ( ⌒)
  -=≡  c し'







私はぴちぴちした娘が、大好きだ。
スポンサーサイト
template by 白黒素材

//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
a>