--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/07/27//Thu.
黒き邂逅
他人の痛みを理解することほど難しいものはない。

例えば友人が風邪をひいたとしよう。高熱にうなされて、お手洗いに行くのも億劫そうだ。食べ物も喉を通さず、体温は40℃近くまで上がっている。その寝顔は安らかなものではなく、あくまでも苦しそうだ。僕はきっと友人を気の毒に思い、同情するだろう。

――だが、それだけだ。

結局のところ、当事者でない僕はその苦しさをちっともわからないのだ。


話は変わるが、人はよく自分に降りかかってきた出来事を大袈裟に伝えたがる。しかし自分にとっての大事件は、得てして他人にとってはどうでもよいことなのである。勝手に騒いで、勝手に落ち込む――所詮、人間はそんな生き物なのかもしれない。


くどい。
結論から言おう。






我が家にゴキブリが出た。






極寒の地で育った僕は、ゴキブリというものを見たことがなかった。もちろん、噂は重ね重ね聞かされていた。あいつらは悪魔だ、恐ろしい、一度出たら夜も眠れない……百害あって一利なし、といったところだ。

大学に入り本州へ上陸した僕。今までの二年間、特に悪いこともせずにおとなしく暮らしていた。夏になると友人達がしきりに言い出す「ヤバイ、ゴキブリがでた」という言葉も、どこか他人事のように聞いていた。

僕は言う。
「マジで? いやあ、俺だったらゴキブリ出たら引っ越すね」
その言葉は他人の痛みを理解しているものではなかった。
油断していたのだ。



正直に言おう。
僕は彼らを我が家で発見した時、あまりの驚きに足が竦んでしまった。額からは気持ちの悪い汗が滲んできて、目にはうっすらと涙が溜まっていた。

いや、嘘だ。
普通に泣いた。



僕は虫全般が苦手で、蛾が一匹部屋に入り込んだだけで涙目になってしまう男の子なのだ。それがどうだろう、見たことのないスピードで歩き回る彼を見て、平静を保つ事ができようか? 無理な注文だ。

僕は泣きながら友人に電話した。


「やべえ、ごきぶりでた」



友人は答えた。


「うへー、おっぱいがいっぱいだよおー」
(キャバクラからの実況中継)





自分にとっての大事件は、得てして他人にとってはどうでもよいことなのだ。



 

↑クリックでごきぶり退治
2006/07/22//Sat.
晴れ男、雨女。
「おれ、晴れ男なんだよねー」
「わたし、雨女なんだよねー」
そんな言葉を耳にすることがある。

例えば何処かへ出かけるときや、屋外で企画を開いた時など、彼(彼女)らは、俄然、自己主張が強くなる。まあ、僕のまわりにも『晴れ男』や『雨女』がいるわけで、事前にその日の天候を話し合う時には、必ず口を挟んでくる。


――おれ、晴れ男だから大丈夫だよ」


一体彼は、何を根拠にそんなことを言えるのだろうか。自分で自分のことを『晴れ男』だと思い込むのは一向に構わない。だがそんな不確かなことを、僕にわざわざ伝えないで欲しい。

僕が言いたいのは、「君は天候に影響を及ぼせるほど、大それた人間じゃないよ」ということだ。そりゃそうだ。人間が自然を操作することなんて出来るはずがない。


雨女さんも、また然りである。


「わたし、雨女だから、きっと晴れないよ……」


こういうことは余所でやっていただきたい。いきなりネガティブになられても困る。彼女がそう発言することで、皆の志気が下がることは必至だ。


とまあ、僕のまわりにはこのような晴れ男くんと雨女さんがそれぞれいて、根拠のないポジティブさと、根拠のないネガティブさがひしめきあっているのだ。


そんな晴れ男くんと雨女さんなのだが――




この度、めでたく交際を始めたらしい。
(見てないだろうが、おめでとう)



しかし。
まことに残念であるが、いうなれば彼らは水と油。決して交わることのない、禁断の恋愛なのだ。だってそうだろ、彼らの会話は目に見えているではないか。


「じゃあ、ディズニー行くのは来週でいいか?」
「うん、あ、でも……」
「どうした?」
「いや、なんでもないよ」
「なんだよ、言えよ。何か用事でもあるのか?」
「違うの、そうじゃなくて――
「じゃあ何だっていうんだよ!」
――わたし、雨女だから」
「……ばかやろう。大丈夫だって」
「あなたは何もわかってない!」
「大丈夫だって」
「だって、わたし、生粋の雨女なんだよ!」
――おれ、晴れ男だから大丈夫だよ」

(抱き合う二人)


なんだか書いているうちに、二人はとてもお似合いのような気もしてきた。何はともあれ、彼らに多くの幸が訪れることを切に願う。

くれぐれも、先の見えない天候のことで喧嘩をすることのないように。




 

↑今日は久しぶりに晴れそうだからクリックしてほしい。
(緑の方、カテゴリ変えてみました)
2006/07/12//Wed.
まりもの逆襲
朝起きると、メールが届いていた。我が故郷、北海道の友人からだ。画像が添付されているそのメールには、こんな言葉が付け加えられていた。


「今、北海道で地味に、かつじわじわと、気味の悪いくらい流行りつつある」


それは北海道を代表する空港、千歳空港で売られているという。いってしまえば、マリモをもじったキャラなのだが、僕の想像の範疇を超えていたので、ここで紹介する。










まりもっこり


まりもっこり。(股間に注目)









まりもっこり2


横からもっこり。









な、なんだコイツは。僕は朝っぱらから興奮を隠しきれなかった。しかし、コイツだけではなかった。僕は最後に添付された画像を見て、ただただ唖然とすることしか出来なかった。












アテンション・ブリーフ


「アテンション・ブリーフ」







至急、このストラップを買わねば――
僕の決意は恐ろしいほどに固まっていた。




 

↑さあ、みんなで言おう「アテンション・ブリーフ」
2006/07/11//Tue.
小さい音が気になる
いつの間にか梅雨は過ぎ去り、蒸し暑い日が続いている。

北海道育ちの僕にとっては、内地(本州)の暑さは体にこたえる。今日も汗をかきすぎて、白いTシャツの脇の部分を黄色く染めてしまった。

こんな季節になってからは、授業中が至福の時間となる。クーラーが効いているからだ。僕はこの季節になると、必ず学校に行くようになる。我が家の電気代を節約するために――

そして今日も僕は学び舎へと足を運んだ。テストが近づいてきたということもあり、教室内は、いつもより人が多いような気がした。僕はお気に入りの「クーラー席」――僕が発見した最も涼しい場所――へ座り、講義ノートを鞄から取り出した。

すると突然、見知らぬ人が僕に話しかけてきた。「となり、イイっすか」
僕は得意のスマイルをひけらかし、彼をこの大学内に出現した桃源郷、もといクーラー席へと招待した。「どうぞ、座ってください」

「じゃあ、49ページから53ページまで読んでください」
頭の禿げた教授がそう言うと、教室内は静寂に支配された。真面目に教科書に目を通す人、睡眠をとる人、携帯電話をいじっている人など、その行動は様々であったが、談笑をしている人など誰もいなかった。

どうせテスト範囲なんだから今のうちに見ておこう――僕は真面目ぶって教科書に目を通していた。

その時だった。

隣の男がなにやら不審な動きを始めた。




カチカチ……カチカチ……




ボールペンの芯を出し入れしてる――




この行動に何の意味があるかはわからない。いや、意味なんてなかったのだろう。無意識のうちに始まってしまった行動に違いない。

とても耳障りだった。教室内が静かなぶん、その音はよけい耳に障った。そんな僕の気持ちを知ってかしらずか、彼は、ボールペンカチカチを辞めて、机の中に手を入れた。

やっと静かになった。意識を教科書に戻す。

その時だった。



ツツタツ……ツツタツ……





8ビート刻んでる――




その後もボールペンカチカチと、奇妙な8ビートは続いていた。真面目モードの僕は説教の一つでもしてやろうと思ったが、いかんせん彼は他人である。それに、きっと悪気はないのであろう。僕は温厚な気持ちで黙っていた。

その時だった。

彼の携帯電話のバイブが鳴った。

そしてあろうことか、彼は――




机の下に隠れて、小声で話し始めた。




(「もしもし、うん、今授業中、じゃあねー」)




おそらく、とても気を使っているのであろう。内緒話をするかのように声を潜める彼。












ていうか、気ィ使ってんなら電話でるな。







そんな小さな音が気になっていた一日。







 

↑クリックで救われる気持ちもある

2006/07/08//Sat.
七夕の思い出
どうやら7月7日は七夕のようだ。いうまでもない。しかしどうだろう。ちょっぴりドジっ子な僕は、日付が変わってから七夕に気付いたのである。

七夕といえば、僕の故郷では奇妙な習慣があった。そんなこともあったなと、急に思い出してしまったので、ここに記しておく。




僕の故郷は北海道のとある街で、GLAYの出身地といえばわかる方もいるだろう。その街では、七夕になると子供達――主に小学校低学年の子――が俄然、元気いっぱいになるのだ。しかし中学一年生だったパイ少年は、その春に引っ越してきたばかりだったので、この街の「七夕のしきたり」など知る由もなかった――

ちょうど8年前の今日、僕は40度近い熱にうなされていた。しかも運悪く両親は家を開けていた。高熱の息子を置いて出かけるなんて、よほどの大切な用事があったのかと思いきや、彼らはお洒落な店で大人のデエトを楽しんでいたらしい。両親が仲良しなことは素敵なことだ。

パイ少年はひとりで下痢・嘔吐と戦っていた。意識は朦朧としている。前の日の部活で頑張りすぎたのかもしれない。高熱は下がる気配すら見せなかった。

すると不意に、家のチャイムがなった。独りきりの家で聞くチャイムの音は、なぜか妙に響き渡り、寒気すら感じさせた。

今の僕だったら、そんな状態の時の来客には完璧に居留守を使う。しかし当時は童貞純朴少年、クソ真面目に応対してしまったのだ。

僕は覚束ない足取りで玄関に向かった。視界はぼやけたままだ。玄関にお菓子が山積みになっていたが、そんなことに疑問を抱くことすらしなかった。もう一度ピンポン、という音がなった。僕は玄関のドアをゆっくりあけた。

そこにいたのは、見たこともない小さな子供達だった。

一体、誰だろう。高熱で思考力が減退していたこともあり、僕の頭の中混乱してしまった。彼らは僕の戸惑いなどお構いなしに、声を揃えて歌い始めた。


「たけーにたんざく たなばたまつり 
        おおいにいわおう ろーそくいっぽん ちょうだいな」








え?







彼らは続けた。


「たけーにたんざく たなばたまつり 
        おおいにいわおう ろーそくいっぽん ちょうだいな」

                         (ココでこの曲が聞ける)






ロウソク、ですか。放火、ですか。
僕は至極真面目に、身の丈が半分程度の子供達にいった。

「ロウソクはないよ? あぶないよ?」

それを聞いたチビっ子ギャングたちは声を荒げた。

「お菓子だよ!」








お菓子かよ!






その時は知らなかったが、この街の七夕ではハロウインのようなことをするらしいのだ。子供たちにはロウソクではなく、お菓子を渡す。玄関に山積みになっているお菓子も、これで合点がついた。母上は井戸端会議でこの情報を仕入れていたのだろう。でも、でも……。

とりあえず僕は山積みになっているお菓子を、無造作に彼らにわたした。喜ぶチビギャン。騒ぐチビギャン。早く帰れ。

その後も、チャイムとあの忌々しい歌が何度も続いた。途中から居留守を使おうとした。しかし、それは無駄だった。チャイム連打とドアパンチが始まるだけだった。函館キッズはエキゾチックだ。




心身疲れ果てた僕は眠りにつこうと思った。しかし、耳から離れないのだ――





「たけーにたんざく たなばたまつり 
        おおいにいわおう ろーそくいっぽん ちょうだいな」







お菓子かよ!







 

長文になってしまったが、読んでくれてありがとう。
ついでに↑をクリックしていただけるとさらにありがたい。
template by 白黒素材

//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
a>